【レビュー】ASRock Z390 Extreme 4を買いました!Phantom gaming 6と比較しながらレビュー

自作PC
この記事は約4分で読めます。

先日、Intel Core i7 8700kとともにASRockさんのマザーボード Z390 Extreme 4を購入しました。

今回はそのレビューをしたいと思います。

パソコン構成

CPUi7 8700k
MBASRock z390 Extreme4
GPUGTX 1060 6GB
CPUクーラーScythe 虎徹MarkII
電源Antec NE750G

両マザーボード共通の強力な電源周り

今回このマザーボードを選んだ理由の1つが、これです。電源周りの強さは、オーバークロック耐性や、ゲームプレイ時の安定性に関わってきます。

このマザーボードには、12個もの電源フェーズが搭載されています。これは、同価格帯のASUSさんのマザーボード ROG-STRIX-Z390-F Gamingの9個よりも多いです。

ASRock公式ツイッターさんによると、液体窒素冷却とかでなければTaichiと同じくらいのOC耐性があるようです。

また、CPU用の電源コネクタも8+4ピンとなっており、9世代CoreシリーズのOCにも耐えうる電源周りとなっています。

筆者は、Core i7 8700Kをオールコア4.8GHzにOCしていますが、不具合なくちゃんと動いてくれています。

※オーバークロックは自己責任で行なってください。

ASRock Z390 Phantom Gaming 6との違い

この2つの価格差は3千円程です。また、ここに書いていない項目はほぼ同じだと思っていいと思います。

Z390 Extreme 4とPhantom Gaming 6を比較します。僕はこの2つで悩みました。

PG6は有線LANを2つ搭載

Phantom Gaming 6(以下PG6)には、1Gbps対応の有線LANと、2.5Gbps対応の有線LANの2つのLANポートが搭載されています。対して、Extreme 4は1Gbpsの有線LANのみ搭載されています。

2.5Gbps対応のポートは、通信速度が上がるだけでなく、レイテンシも下がると言われています。もし、有線LANを使ってfpsなどのゲームをするなら、PG6を選ぶべきです。

PG6はヒートシンクにヒートパイプが通っている

商品画像で確認したのですが、PG6はヒートシンクがヒートパイプで繋がっています。しかし、Extreme 4は、繋がっていません。これによって、電源フェーズの冷却に多少の影響があるものと思われます。

現状では、ヒートパイプなしのExtreme 4で冷却不足を感じたことはありません。もともと巨大なヒートシンクがついてるので。

Dr. Debugの有無

Dr. Debugとは、起動に失敗した時などに、どこが悪いのか表示してくれるものです。また、起動後はCPUの温度を表示することもできます。PG6にはこの機能がついていますがExtreme 4にはついていません。

オーバークロックなどをする時には便利だと思いますが、サイドパネルがアクリルのケースでないと、隠れてしまいます。

全体的にPG6のほうが優秀です。Extreme4のメリットは値段くらいしかありません。

付属ソフトについて

以前使っていたGIGABYTEのマザーボードには、色々な付属ソフトがついてきていたのですが、このマザーボードはそれに比べて少ないです。

付属ソフトは、オーバークロックソフト、RGB制御用ソフト、LAN用ユーティリティくらいです。一応他にもありますがほとんど使っていません。

GIGABYTEの方にはバックアップ用ソフトや、パソコンの時間制限などがついてました。どちらも微妙な完成度でしたが。

総合評価

このマザーボードは市場価格が2万円前後で、いわゆるミドル帯の製品です。この価格帯では値段と質のバランスが特に重要になります。その点このマザーボードは、うまく両立していると思います。

RGBのLEDなど流行を取り入れつつも、電源フェーズなど性能面では妥協しない、ASRockらしいマザーボードになっていると思います。

完璧ではないですが、使いやすいマザーボードです。

コメント

  1. 何コレ? より:

    内容の薄い記事ですね 比較記事の癖に写真は無いし HP見ながら書いたんですか?

    • naoki1510naoki1510 より:

      申し訳ございません。今後は写真などを使い、わかりやすく充実した内容になるように努めます。

  2. ん??? より:

    タイトルの「どっちが買いなのか」に結局答えてない。
    ただのPG6の説明ですね。見に来て損した。
    タイトル書き換えてどうぞ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました