超簡単3ステップ!コマンドプロンプトでPHPを実行可能に!

Windows
この記事は約2分で読めます。

Ubuntu等ではphpをインストールすると、ターミナルで”php <ファイル名>”と打つだけでPHPファイルを実行できます。

これが何の役に立つのかというと、例えば自分で書いたphpファイルのエラーを確かめたいときに、いちいちApacheのログを確認しなくてもどこでエラーが起きているかがすぐにわかります。

今回はこれをWindowsでも使えるようにしていこうと思います。

php.exeの入手

これはどこで入手してきてもいいです。

サイト1

php.net

多分公式サイトです。

サイト2

dl.bintray.com

これはPocketMineというphpアプリケーション用の ‘php.exe’ です。

拡張ファイルで、yamlが使えたりpthreadが使えたりと、カスタマイズされています。

自分はPocketMineをphp7に対応させるついでにやったのでこちらからダウンロードしました。

両方において”Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ“が必要になるかもしれません。

php.exeの配置

php.exeを置くディレクトリを決めます。

ここでは例として”D:php\php.exe“とします。

ダウンロードしてきたファイルを解凍して、その中身をすべて”D:php\“に入れます。念のためにphp.exeがあるか確認しておいてください。

一度試しに実行してみます。ここでは”C:\Users\[ユーザー名]\Documents\test.php“というテストファイルに

<?php echo "Test OK.";

と記述しておきます。

D:¥php¥php.exe Documents¥test.php
Test OK.

という風になればOKです。

パスを通す

つぎにパスを通します。パスを通すと”D:\php\php.exe”と打たなくても”php”だけで実行してくれるようになります。

コマンドプロンプトで、

SETX PATH "%PATH%;D:\php"

と入力します。D:\phpはphp.exeを配置したディレクトリに置き換えてください。

これで

php Documents¥test.php
Test OK.

となれば成功です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました