ローカルでWordPress ③WordPressのインストール

パソコン
この記事は約6分で読めます。

前提

①、②でやったこと(LAMPの構築が終了していること)

インストール

参考にしたサイト: https://qiita.com/seijikohara/items/f34753b2a783e03d7db4

データベースの作成

端末で以下を入力してください(#の後もコピペでも大丈夫です。)

mysql -u root -p
#MySQLにログイン
CREATE DATABASE wordpress DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_unicode_ci;
#データベースの作成

Apacheの設定

端末で

sudo gedit /etc/apache2/apache2.conf

と入力し、立ち上がったアプリでCtrl+Fで”<directory”を検索してください。

すると、以下のような文

<Directory /var/www/>
        Options Indexes FollowSymLinks
        AllowOverride None
        Require all granted
</Directory>

があるのでそのあとに

<Directory /var/www/html>
        AllowOverride All
</Directory>

と追記してください。

さらに端末でmod_rewriteを有効にします。

sudo a2enmod rewrite
#mod_rewriteを有効化
sudo systemctl restart apache2
#Apacheの再起動

WordPress本体のインストール

まずはWP-CLIをインストールします。

curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar
#wp-cli.pharのダウンロード
chmod +x wp-cli.phar
#実行権限の付与
sudo mv wp-cli.phar /usr/local/bin/wp
#wp-cli.pharを/usr/local/bin/wpに移動(wpはファイル名)
wp --info
#インストールの確認
PHP binary:	/usr/bin/php7.0
PHP version:	7.0.22-0ubuntu0.16.04.1
php.ini used:	/etc/php/7.0/cli/php.ini
WP-CLI root dir:	phar://wp-cli.phar
WP-CLI vendor dir:	phar://wp-cli.phar/vendor
WP_CLI phar path:	/home/naoki
WP-CLI packages dir:	
WP-CLI global config:	
WP-CLI project config:	
WP-CLI version:	1.4.1

つぎに本体です。

wp core download --locale=ja --path=/var/www/html/ --allow-root
#Wordpressのダウンロード
touch /var/www/html/.htaccess
#.htaccessの作成
chmod 660 /var/www/html/.htaccess
#.htaccessの権限の変更
cp /var/www/html/wp-config-sample.php /var/www/html/wp-config.php
#wp-configのサンプルをwp-configにコピー
#以下は権限設定です。[作業ユーザー名]を[]ごとユーザー名に書き換えてください。
sudo chown -R [作業ユーザ名]:www-data /var/www/html
sudo chmod g+w /var/www/html/wp-content
sudo chmod -R g+w /var/www/html/wp-content/themes
sudo chmod -R g+w /var/www/html/wp-content/plugins
sudo chmod -R g+w /var/www/html/wp-content/languages

wp-configの設定

define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');

という記述があるはずなのでそれをhttps://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/にアクセスして表示されたものに置き換える。

MySQLの設定

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'database_name_here');
#このページのコードをコピペならwordpress
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'username_here');
#root
/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password_here');
#設定したパスワード
/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

define('FS_METHOD', 'direct');
#プラグインの更新時等にFTPのログイン情報が求められるのを回避します。

wp-config.phpのここを、MySQLで設定したものに置き換えてください。
※ユーザは設定をしていなければrootでいいです。テストサーバーなので。(自分がわかっていない)

デフォルトのindex.htmlを削除します

sudo rm /var/www/html/index.html

仮想マシンのブラウザからhttp://localhostにアクセスすると、タイトルなどを入力するページになり、インストール完了です。

memo ホストからアクセス

端末で

ip -f inet addr | grep inet
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
    inet 192.168.0.x/24 brd 192.168.0.255 scope global dynamic ens33

127.0.0.1ではないほうが自分のIPアドレスです。多分。
そのアドレスをブラウザのURLに入れるとサイトを表示できます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました