コスパ最強のレンタルサーバー、Core Server

IT
この記事は約3分で読めます。

このサイトのホスティングサーバをロリポップからCore Serverに変更しました。

ロリポップでのプランはライトプラン、Core ServerでのプランはCore-Miniです。

Lolipopの処理性能に不満あり

モジュール版PHPじゃない

モジュール版が使れば高速な環境が得られるけど、ライトプランではCGI版しか使えない!

毎月500円払ってスタンダードプランにすればモジュール版を使えるけど、貧乏な学生には高いので、ほかのサーバーに引っ越すことに。ジュース2本分くらいの差額なんだけどね。

特にWordPressのダッシュボードが重い

ページが表示されるまでにTwitterを開きたくなるくらい時間がかかることがあったので、流石にこれは重すぎると思って移転を決めました。

サイトを見に来てくださる方が、速度の遅いせいでで減ってしまうのも困るし。

CoreServerのメリット

FastCGIが使える

これが1番の理由です。 モジュール版には及ばなくとも、ロリポップよりは早い。

安い

FastCGIが使えて、月々税込214円(12ヶ月契約)は安すぎる。

ロリポップのスタンダードプランの半額以下だし、なんならライトプランよりも安い。

利益出てるのか心配なレベル。 遅かったら意味ないけど。

オールSSD

ロリポップはエンタープライズプランからSSD、Core ServerはオールSSD。 ロリポップに勝ち目なし。

これもサイトの速度に関係してくるし、すごくありがたい。

やっぱり利益出てるのか心配。

ssh接続可能

ロリポップではスタンダードプランからのssh接続に対応しています。

sftpが使えるのが何気便利。

頻繁にファイルを変更する時はGitなども使えて便利。

CoreServerのデメリット

コントロールパネルの操作が難しい

ロリポップはパソコン版しかないし、デザインも古いけど、必要な項目が見つけやすかった。

対してCore Serverは、スマホに対応していてさらにデザインも新しいけど、少し操作しづらい。 慣れれば、Core Serverの方が使いやすいかも知れないけど。

ドメインごとのフォルダ名が固定

ロリポップでは、www.hobbby.net は wwwディレクトリ、 test.hobbby.netはtesttestディレクトリみたいに自由に設定できたけど、Core Serverでは、www.hobbby.net はwww.hobbby.net ディレクトリにしか設定できない。

これは少し不便。

コスパ良すぎるCore Server

ロリポップもいいサービスだったけどこのコスパには勝てない。ジュース2本の壁は高い。

これだけ安いとたぶん手を抜いている部分もあると思うので、それを今後探っていきたいと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました