【新製品】WI-1000XM2発表!シリコンバンドで持ち運びやすく、QN1で高音質化!

オーディオ
この記事は約2分で読めます。

IFA 2019でのカンファレンスで、ついにWI-1000XM2が発表されました。旧モデルのWI-1000Xを持っていて、いくつか不満点があったのですが新モデルでは解消されている模様です。

旧モデルのレビュー

プロモーションビデオ公開

Sony Noise Cancelling Headphones WI-1000XM2 Official Product Video
プロモーションビデオ
IFA 2019: Sony Press Conference (Live Stream)
IFAのカンファレンス

動画からわかることは、

  • シリコンバンドによって持ち運びやすく
  • 手のひらに乗るサイズのハードケース付属で壊れにくく
  • QN1チップを搭載
  • 前モデルと同じくハイブリッドドライバ採用
  • ダイナミックドライバは9mmから6mmにサイズダウン【訂正】9mmのままでした
  • もちろんハイレゾ対応

という感じです。個人的には、防水対応してると嬉しいですね。最近発売され大ヒット(らしい)WF-1000XM3とどちらを買うかとても迷います。なぜかWFのほうはM3なのにWIはM2なんですよね。謎です。

【追記】詳細スペックが公開されました!Apt Xには非対応!?

スペック表からわかること

抜粋すると、

  • 重さは44g
  • バッテリーはノイキャンオンで10時間、ノイキャンオフなら13時間
  • Bluetooth5.0対応
  • 対応コーデックはSBC,AAC,LDAC

こんな感じです。Apt Xはライセンス料とかの関係で削られたのでしょうか?古いAndroidだとLDACに対応していなくて、Apt Xがあったほうが便利なのですが。

製品ページからわかること

持ち運び用のケースは前世代のものよりかなりコンパクトなようです。

引用元 https://www.sony.co.uk/

ネックバンド型としてはかなりコンパクトに収まっているのではないでしょうか。また、この画像からUSB Type Cに対応していることが推測できます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました